マンション管理とは

 

企業や団体の組織管理とは、「人、物、金」を有機的に機能させることで現在も将来にわたっても安心・安全に経営を推進することです。マンションの管理も、それと同様と言えます。快適な居住環境を確保することができ、建物(共有部分)の資産価値の維持・向上を図り、将来必要な改修資金を確実に積み立てるのがマンションの管理といえるでしょう。なお、この「マンションの管理」を中心的に担うのが、マンション住民で組織する管理組合です。現在、「マンション管理」には3つの方式があります。ここでは、それぞれの管理方式ともにメリット・デメリットを紹介します。

1つ目はマンション住民ですべてのマンション管理を行う「「自主管理方式」です。管理会社を使わないので委託管理費の削減ができますし、住民が協力し合うことでマンション管理への意識が高まります。管理組合の役員の負担が大きくなりますし、設備の保守点検や修繕などの知識が必要になります。

2つ目は専門的な知識・技術が必要になる業務や時間がとられる清掃などをマンション管理会社に委託する「一部委託方式」です。専門的な知識・技術が必要な業務を管理会社担当するため、住民のなかにその分野について詳しい人がいなくても安心できますが、委託する業務量が少なければ管理組合の役員の負担は少なくなりません。

3つ目はマンションの管理業務のすべてを管理会社に任せる「全部委託方式」です。管理業務の全てを管理会社が行うため管理組合の役員や負担が大幅に軽減されますし、専門的な知識・技術の必要性が少なくなります。しかし、委託管理費が高額になるうえ住民のマンション管理に対しての意識が希薄になる可能性が高くなります。 なお、いずれの方式を採用するのかは、管理組合の総会で決定します。

 

Copyright © 2014 マンション管理業について学ぼう All Rights Reserved.